動悸の悩み高麗人参で解決

動悸の原因

動悸とは、突然心臓の動きが速くなったり、大きな拍動が起きたりすることを指します。
動悸は、一時的な動悸と断続的に続く動悸の二種類に分けられます。
断続的に続く動悸は何らかの病気が潜んでいる可能性がありますので、早急に受診をおすすめします。
一方、一時的な動悸の主な原因は、緊張や不安などを感じたときや飲酒などにあります。
つまり、一次的な動機は誰にでも起こり得るのです。
ではなぜ一時的にでも動悸が起きるのかといいますと、緊張や不安を感じたり、飲酒をしたりすると身体が興奮して交感神経が優位になるからです。

自律神経は、緊張・活動状態のときにはたらく「交感神経」と、休息・リラックス状態のときにはたらく「副交感神経」の二つの神経に支配されています。
自律神経は、交感神経が優位になり続けると体が危機状態だと判断し、心身を守るための防衛信号を出します。
その信号の一つが一時的な動悸なのです。

自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になり続けてしまう原因はいくつか考えられますが、大きな原因に過度なストレスがあります。
高麗人参が動悸の悩みを解決へと導く理由は、ストレスを緩和して乱れた自律神経のバランスを整えるように作用するからなのです。

高麗人参が動悸を予防・改善へ導く

高麗人参が動悸を予防・改善へと導く理由は二つあります。
それが以下の二つです。

1.ストレスホルモンの合成を阻害
人の体は過度なストレスを受けると、ストレスホルモン「コルチゾール」を産生します。
このコルチゾールこそが交感神経を刺激して、自律神経のバランスを乱れさせる原因ともいえます。
コルチゾールは筋肉を緊張させて、血管を収縮させますので血流を滞らせます。
ですから、交感神経が優位になると、動悸だけでなく、冷え症、肩こり、腰痛、便秘などを引き起こす原因にもなるのです。
高麗人参に含まれているサポニンにはストレスホルモンであるコルチゾールの合成を阻害する働きがあります。
コルチゾールの合成を防ぐことで、ストレスによる自律神経のバランスの乱れを抑制します。
この働きにより、動悸を始めとした、冷え症、肩こり、腰痛、便秘なども予防します。

2.自律神経のバランスを整える
高麗人参に含まれるサポニンは、交感神経が優位になり続けているときは副交感神経を刺激し、副交感神経が優位になり続けているときは交感神経を刺激することで、自律神経のバランスを調整する働きがあります。
動悸の原因は血行不良にもあります。
血管を収縮するのは交感神経で、血管を拡張するのは副交感神経です。
血管は収縮と拡張を繰り返すことで血液の流れが良くなりますので、自律神経のバランスが整うと血液循環も良くなり、血行不良からくる動悸の予防・改善も期待できます。

高麗人参は自律神経のバランスを整えるように働くことで、動悸を始めとした自律神経の乱れによるあらゆる諸症状を緩和へと導きます。
ストレス社会で生きる日本人は自律神経が乱れやすい傾向にありますので、自律神経をサポートしてくれる高麗人参は誰にとっても必要であるといえます。
トップに戻る