更年期障害の時期高麗人参が役立ちます。

更年期障害には副作用の不安のない高麗人参を!

更年期障害は、40代以降から女性の心身にあらゆる不調が起こる障害です。
主な原因は、加齢や閉経に伴って女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌量が低下することにあるといわれています。
エストロゲンの分泌量が低下すると、ホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスが崩れます。
すると、イライラや不安、気分の落ち込み、頭痛、めまい、肩こり、疲労感・倦怠感などを引き起こします。

更年期障害の有効な治療法にHRT(ホルモン補充治療)があります。
これは、減少してしまった分のエストロゲンの分泌量を増やすことで、更年期障害の症状を緩和へと導く治療法です。
HRTは更年期障害による症状が軽くなる有効な治療法ですが、副作用があります。
平均して5年以上HRTを行っている女性と、行っていない女性では、乳がんの発症リスクが約1.4倍高くなるのです。

そこで注目されているのが高麗人参です。
高麗人参に含まれるサポニンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造を持つことからエストロゲン様作用があります。
高麗人参は薬ではありませんので、HRTのような副作用の不安もありません。
実際に、HRTに抵抗感のある方や、副作用が気になる方におすすめされているのが漢方療法です。
漢方療法は漢方の力によって更年期障害のつらい症状を和らげながら体調を整えます。
高麗人参も漢方の一つですので、更年期障害の症状を和らげるために有効だといえます。

自律神経を整えて症状を緩和へ

更年期障害の主な症状に、のぼせ、ほてり、発汗などのホットフラッシュ、血行不良による冷え、肩こり、首こりなどがあります。
これらの症状はすべて自律神経の乱れが原因です。
女性ホルモンには自律神経を調整する作用がありますので、女性ホルモンの分泌量が低下することで、自律神経の調整作用も乱れてしまうのです。
ですから、女性ホルモンを補充することも重要なのですが、直接的に自律神経のバランスを調整するように働きかけることも、症状の改善には重要なことなのです。

高麗人参に含まれるジンセノサイドは、神経を興奮させるジオール系と、神経を落ち着かせるトリオール系のジンセノサイドがそれぞれ備わっているので、交感神経が優位になってイライラや不安などが強いときは副交感神経を刺激してリラックスさせるように働きます。
反対に、副交感神経が優位になって活動モードに入りづらいときは交感神経を刺激してやる気を高めるように働きます。
これによって、自律神経の乱れによるホットフラッシュを緩和します。

さらに、高麗人参は血管を拡張させて血液の流れを促す働きもありますので、自律神経のバランスが乱れることによって起こる血行不良の改善にも効果的です。
血行不良が改善されると、冷え、肩こり、首こりなども良くなります。
また、高麗人参は古くから滋養強壮に良いといわれていますので、更年期障害によって起こる疲労感、倦怠感、やる気の低下の改善にも効果的です。

高麗人参は更年期障害のあらゆる症状を改善へとアプローチしてくれますので、更年期障害で悩んでいる方も、更年期障害になる前の方も、症状を和らげるため高麗人参を習慣に加えませんか?
トップに戻る