通販

通販で買える高麗人参

高麗人参の購入方法は多くあります。 漢方薬ですから漢方薬専門店はもちろんスーパーマーケットでも購入可能です。
また、ネット通販でも手軽に購入できます。
ネット通販であればネットサーフィンで、値段・材料・産地・量などを幅広く比較出来ますし、飲みやすく加工されたドリンクタイプ・サプリタイプ等の商品の中から自分に合った商品を探し出すことが出来るメリットがあります。

高麗人参には、サポニンという栄養素が他の植物と比較して、何倍もの含有量と種類があるし、ジンセノイドと呼ばれるサポニンが含まれており、これが「万能薬」と言われる薬効の基になるものです。
同じ高麗人参であっても、産地や栽培年数、加工の仕方によって、その含有量や種類が異なりますので、商品を選ぶ場合の大切な着眼点となります。
ネット通販ではそれらを詳細に確かめることができます。
まずどのような生育環境で育った高麗人参かで言えば、「栽培参」(畑で人の手で)、「山養参」(自然状態の山林の中)、「山参」(深山幽谷の自然の中で自生)で分けられます。
もちろん「山参」が最高です。
自生の高麗人参は100年以上も生きることがあると言われていますが、「山参」で貴重とされるのは50年以上の物で重さは37.25㌘以上のものです。

次に産地によって「錦山(クムサン)・・韓国の高級品」、「江参(カンサム)・・江原道の山に種を蒔き野生状態で栽培した物」、「松参(ソンサム)・・北朝鮮開城(ケソン)で生産。
最上級品で(女性のふくよかな身体のような形をしているという)」が有名です。
加工の仕方で分けると、「水参」(収穫したままのもの)、「白参」(収穫後に皮をむき天日乾燥させたもので、基本的に4年根を使用)、「紅参」(水蒸気で蒸しあげた後乾燥させたもので淡紅褐色のもの。
6年根を使用)、「太極参」(白参と紅参の加工技術を組み合わせた物・・豊基〔プンギ〕で生産)です。
高級品はサポニンが多く含まれた「紅参と太極参」です。
産地は本場韓国の他日本(大根島の「雲州人参」が有名)、中国、アメリカなどがあります。

栽培の高麗人参の成熟期は6年根で最優良品です。
サポニンが最も多く含まれています。
7年目以降は自生と違い病虫害の影響を受け、サポニンは減少してしまいます。
なお、高麗人参を取り扱う場合、鉄製品を使用すると「鉄忌」と言って薬効を失うことが明らかになっていますので、注意が必要です。