アトピーの症状改善なら高麗人参

アトピー症状を改善するためには?

まだ解明されていないこともありますが、現段階でアトピー症状が起こる原因は、皮膚のバリア機能の低下、アレルゲンの侵入、ストレスなどの要因が重なることにあると考えられています。
症状の緩和には個人差があるものの、アトピー症状を改善するために共通して大切なことが以下の4つです。

1.ストレスの緩和
2.活性酸素の除去
3.睡眠の質を向上
4.肌のターンオーバーを促進

アトピー症状の改善に高麗人参が効果的だと期待されている理由は、アトピー症状を改善するために共通して大切な4つの働きを高麗人参が促すからなのです!

高麗人参がアトピーの症状を緩和

1.自律神経を整えてストレスを緩和
ストレスによって自律神経が乱れると免疫力が低下します。
免疫力が低下すると皮膚や粘膜などからアレルゲンとなる細菌やウイルスが侵入しやすくなりますので、アレルギー症状を引き起こす原因にもなります。
また自律神経が乱れると、体の免疫力だけでなく、肌のバリア機能も低下しますので、乾燥を引き起こし、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こすリスクも高まります。
高麗人参に含まれるサポニンには乱れた自律神経を整える作用がありますので、ストレス症状を緩和して、免疫力の低下を防ぎます。

2.活性酸素の増加を抑制
本来、活性酸素は体内に侵入した異物を攻撃することで、私たちの体を守る役割があるのですが、活性酸素が過剰に生産されることで体を傷つけてしまいます。
活性酸素の酸化力は非常に強く、体内の健康な細胞をも痛めつけてしまいます。
これが、アトピー性皮膚炎を悪化させる原因にもなるのです。
高麗人参に含まれるサポニンには活性酸素の増加を抑制する抗酸化作用があります。
この抗酸化作用によって、活性酸素の増加を防ぎ、アトピー性皮膚炎の悪化を抑制します。

3.睡眠の質を高める
心身に強いストレスを受けると自律神経が乱れます。
自律神経が乱れるとあらゆる不調が起きます。
睡眠障害もその一つです。
アトピー症状を緩和するためには質の良い睡眠は欠かせません。
睡眠には、過剰なアレルギー反応を抑えて、症状の回復を促す働きがあるからです。
高麗人参に含まれるサポニンには、ホルモンバランスを整えて、乱れた神経を鎮静化する働きがあります。
この働きにより、ストレスによって乱れた自律神経を整え、質の良い睡眠へと導きます。

4.肌のターンオーバーを促す
アトピー症状に悩まされている方の多くが、アトピーによる痒みによって肌を掻きむしってしまい、結果的に皮膚の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が短くなっています。
短いサイクルで出来た新しい角層は薄く、バリア機能も弱いので、外部からの刺激を受けやすい肌となり、結果、かゆみが治まることはありません。
バリア機能が高く、外部からの刺激に強い肌をつくるには、正常なサイクルでターンオーバーを行うことが大切です。
高麗人参に含まれるサポニンには血液の流れを促進させる働きがあります。
これにより、身体中の血液の巡りが良くなり、末端の毛細血管にまで血液が十分に行き渡ると酸素や栄養が届き、代謝も高まります。
代謝が上がると、肌のターンオーバーも活発になります。
肌のターンオーバーが活発な状態が続くと、乱れたターンオーバーも正常化されていきますので、外部の刺激に強い丈夫な皮膚づくりに繋がります。

このように、高麗人参にはどんなアトピー症状の改善にも共通する大切な働きを促す作用があります。
アトピー症状に悩まされている方にも、高麗人参はおすすめですよ。
トップに戻る