高麗人参で心臓機能のサポート

心機能が低下する原因

心臓も体の他の部位と同じように年齢とともに機能が低下していきます。
加齢だけでなく、ストレス、過食・偏食、飲酒、喫煙、運動不足などの不健康な生活習慣も心機能が低下する原因となります。
心機能が低下すると、心臓から送り出される血液の量が少なくなりますので、酸素・栄養不足が起こったり、体内の老廃物が上手く回収されなかったりして、体のあらゆる場所で弊害が生じます。
健康を維持するためには、心機能を高める生活習慣を心がけることが大切です。
心機能が向上すると疲れにくくなったり、代謝が上がったりと、健康にも美容にも良いことがたくさんあります。
実は、高麗人参には心機能をサポートする働きがたくさんあることを知っていましたか?

高麗人参は心機能をサポートする!

高麗人参が心機能をサポートする理由は4つあります。
では、その4つの理由をご説明します。

1.血行を促進
心臓は、心筋という筋肉の塊です。
心筋には大静脈や肺静脈などの血管が繋がっています。
血液は栄養や酸素を体内の隅々の細胞に届けたり、体内の老廃物や二酸化炭素などを回収したりすることが主な働きです。
それは大動脈や肺動脈も同じです。
血行が悪くなると、当然ですが心筋に繋がる大動脈や肺動脈の血液の流れも滞り、心機能は低下しやすくなります。
高麗人参に含まれるサポニンには、血中のコレステロールや中性脂肪を正常に整え、血液をサラサラにする働きがあります。
この働きにより血行が良くなると、心筋に繋がる大動脈や肺動脈の血液の流れもスムーズになりますので、心機能の低下を防ぎます。

2.血管のアンチエイジング
細胞を老化させる原因の一つに活性酸素がありますが、これは血管も同じです。
活性酸素は血中の悪玉コレステロールを酸化させ、血管の老化を進行させます。
高麗人参に含まれるサポニンには活性酸素を取り除く抗酸化作用がありますので、血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぐことで血管の老化を防ぎます。
血管が元気であれば、血液循環もスムーズになりますので、心機能も活発になります。

3.血中コレステロール、中性脂肪を減らす
血中のコレステロールや中性脂肪が増えると、血液はドロドロになり、血行も悪くなります。
高麗人参に含まれるサポニンは、腸内で脂質の吸収を抑えることで、血中の悪玉コレステロールと中性脂肪を減らします。
血中のコレステロールや中性脂肪が減ると血液はサラサラになり、血行も良くなりますので、酸素や栄養を隅々にまで届けることで心機能を活性化します。

4.ストレスの緩和
心臓にとってストレスは大敵です。
心筋梗塞は急性ストレスが誘発原因になることもありますので、過度の緊張や不安は心臓にとって悪影響なのです。
高麗人参に含まれるサポニンには精神を安定へと導く鎮静作用がありますので、心身のストレスを緩和へと導きます。

心機能が活発になると心臓から送り出される血液の量が多くなりますので、体の隅々にまで酸素や栄養が行き届き、老廃物も溜まりにくくなりますので、健康にも美容にも良い影響がたくさんあります。
毎日高麗人参を摂って心機能を活発にしましょう!
トップに戻る