意味なくイライラがある方に高麗人参

イライラの原因

イライラすることは誰にでもありますよね? 気分が落ち込むことで一時的に生じるイライラならば、とくに心配する必要はないでしょう。
しかし、意味もなくイライラしたり、わけもなく不安や緊張を感じたりといった症状が長期的に続く場合、見逃すことはできません。
長期的に続くイライラや不安感は、「自律神経失調症」の症状の一つだからです。

自律神経失調症になると神経が必要以上に敏感になるので、以前ならば気にならなかったことも気になったり、とくに理由もないのにイライラしたりすることが増えます。
自律神経失調症によってイライラしてしまう原因は、自律神経のバランスの乱れにあります。
自律神経は、活動時や緊張を感じている時に優位になる「交感神経」と、体の回復やリラックスしている時に優位になる「副交感神経」の2つの神経から成り立っています。
この2つの神経が状況に応じて優位になることで、私たち人間は心身の健康を保っています。
しかし、仕事の悩み、家庭の悩み、未来の不安などの精神的なストレスや、仕事、運動不足、睡眠不足、生活習慣の乱れなどの肉体的なストレスが強くなると、自律神経のバランスが乱れます。
自律神経のバランスが乱れると体のあらゆる部位に不調が表れます。
その不調の一つが意味なくイライラしてしまうことなのです。
長期的に続くイライラを解消するためには、乱れた自律神経のバランスを整えることが大切です。

自律神経失調症によるイライラ緩和には高麗人参!

高麗人参が長期的に続くイライラに有効とされている理由は、高麗人参が自律神経を整える働きを持っているからです。
では、高麗人参がどのようにイライラを緩和へと導くのかをご説明します。

・自律神経のバランス調整
高麗人参に含まれるサポニンは他の植物に含まれる一般的なサポニンとは違い、特別な有用性を持つことから「ジンセノサイド」とも呼ばれています。
高麗人参に含まれるジンセノサイドには、交感神経の働きを抑える「ジオール系」と、交感神経の働きを高める「トリオール系」のジンセノサイドが含まれています。
つまり、交感神経が優位になり過ぎているときはジオール系のジンセノサイドが働き、交感神経の働きが低下しているときはトリオール系のジンセノサイドが働くことで、自律神経のバランスを調整してくれるのです。
実際に、愛媛大学医学部の実験で、高麗人参の有用成分であるジンセノサイドには自律神経のバランスを調整して、ストレスを和らげる作用があるという結果も出ています。
自律神経失調症によってイライラが続く場合、自律神経のバランスが乱れることによって引き起こされますので、自律神経のバランスを整えることでイライラを緩和へと導きます。

・血行の促進
自律神経失調症の症状の一つに「体の冷え」があります。
血管の拡張・収縮など血液循環に関係するもののほとんどが自律神経によって管理されていますので、自律神経失調症になると血行が滞り、冷え性になりやすいのです。
冷えと自律神経失調症には因果関係がありますので、冷え性の人は自律神経失調症になりやすく、また自律神経失調症の人は冷え性になりやすいともいえます。
つまり、体の冷えは自律神経失調症を悪化させる原因の一つなのです。
自律神経失調症が悪化するとイライラも緩和されにくくなりますので、イライラを解消するためには体の冷えを予防し改善することが重要なのです。
高麗人参に含まれるサポニンには、悪玉コレステロール値を下げて血液をサラサラにしてくれる作用を持っています。
加えて、血管を拡張して血流の流れを促す作用もありますので、体の末端まで血行を促進すること体の冷えを予防、改善へと導きます。
また、高麗人参には体の代謝を助けるビタミン、ミネラルも含まれていますので、サポニンと一緒に血行を促進します。
これによって、乱れた自律神経のバランスを整えて、イライラを緩和します。

自律神経失調症は軽度の場合、生活習慣を見直すことで改善へと向かいますが、イライラに伴って、不眠や頭痛、便秘、下痢などの症状が起きている場合は、一度専門のクリニックでの受診をおすすめします。
自律神経失調症はうつ病などを引き起こす原因にもなりますので、症状が長期化・重症化する前に対策を行いましょう。
高麗人参は自律神経失調症にもうつ病にも効果的ですので、心の疲れが溜まっている方は高麗人参の力を試してみてはいかがでしょうか。
トップに戻る