痛くて辛い痛風に高麗人参

痛くて辛い痛風の原因

痛風は足の親指のつけ根を始めとした、足関節、足の甲、アキレス腱のつけ根、膝関節などに激しい痛みの発作を引き起こします。
名前の通り、風が吹いても「痛い!」と感じるほどの強い痛みが大きな特徴です。
痛風が生じる原因は血中の尿酸値が上昇することにあります。
尿酸値が上昇すると関節内に「尿酸塩結晶が生まれます。
すると、白血球などがこの尿酸塩結晶を除去しようと働きます。
この除去作業のとき、白血球が炎症性の物質を放出することで、尿酸塩結晶が溜まった関節などが腫れて、激しい痛みを引き起こします。
これが痛風発作のメカニズムです。

痛風発作の原因となる尿酸は人の体内に一定量存在しています。
通常であれば、その一定量を超えないように、血液などの体液に溶けて、尿と一緒に余分な尿酸を排出しています。
しかし、何らかの原因で血中の尿酸濃度が上がると、尿酸は体内に蓄積し、血液や体液に溶けなくなった尿酸はナトリウムと合わさり、結晶となります。
尿酸値を上昇させる要因は「遺伝的要因」と「環境要因」の2つに分けられます。

1.遺伝的要因
世界一の痛風大国といわれる台湾で2300万人を対象とした調査を行ったところ、両親、きょうだい、子供に高尿酸値血症を発症した人がいると、発症リスクが2倍 も高くなることがわかったそうです。
さらに、祖父母、孫、おじ、おば、姪、甥、異母・異父きょうだいにも高尿酸値血症の発症者がいると、男性で1.27倍、女性で1.40 も痛風のリスクが高くなることがわかりました。

2.環境要因
環境要因は様々なことが挙げられます。
例えば、血液の病気があると尿酸値が上がることがありますし、喘息の治療薬や結核治療薬、解熱鎮痛薬などを服用していると尿酸値が上がることもあります。
それ以外に考えられる要因は、食生活やストレスです。
肉類や海産物はプリン体が多く含まれていることから、過剰に摂取すると尿酸値は上がります。
ビールは少量でも多くのプリン体が含まれていますのでビール好きの方も尿酸値が上がりやすいといえます。
また、ストレスの蓄積も尿酸値を上げるといわれています。

高麗人参の様々な働きが痛風を予防・改善

通常、体内では一日およそ0.6gの尿酸が作られます。
痛風は尿酸の排出が滞り体内に蓄積することで起ります。
つまり、痛風を予防・改善へと導くためには、尿酸の排出を促すことが重要です。
高麗人参が痛風に効果的な理由は「サポニン」にあります。
高麗人参に含まれるサポニンには尿の排出を促す働きがありますので、体内に蓄積していく尿酸を尿と一緒に排出させることで尿酸値を下げるように作用します。
ほかにも、高麗人参は痛風に効果的な働きを持っています。
それが以下の働きです。

・肝機能を高める
食べ物や飲み物などから摂取したプリン体は、肝臓で分解されて尿酸になります。
つまり、肝臓が疲弊しているとプリン体が上手く分解されず、尿酸値が高くなってしまう恐れがあるのです。
肝臓を疲弊させる要因に活性酸素があります。
体内で増えすぎた活性酸素は脂肪と結びつくと過酸化脂質に変化します。
過酸化脂質の増加は肝機能障害の大きな原因となります。
高麗人参に含まれるサポニンには抗酸化作用がありますので、活性酸素の増加を抑制し、過酸化脂質の生成を予防することで肝臓の疲弊を防ぎます。

・脂肪の蓄積を防ぐ
肥満やメタボ体型の人は尿酸値が高く、痛風になりやすい傾向にあります。
高麗人参に含まれるサポニンには血行を促す働きがあります。
血流が良くなると代謝が上がり、脂肪燃焼力も高くなりますので、痩せやすく太りにくい状態をつくります。
また、高麗人参に含まれるビタミン、ミネラルは、脂質代謝、糖質代謝などを助けることで脂肪の蓄積を防ぎます。

このように、高麗人参はあらゆる角度から痛くて辛い痛風を予防、改善へと導く働きを持っています。
痛風を改善するためには、高麗人参を摂って乱れた生活習慣を整えることが大切です。
トップに戻る