高麗人参で生理痛を和らげる

高麗人が生理痛を和らげる理由

生理痛に悩まされている女性の中には、生活に支障が出るほどの痛みを感じている方もいます。
生理痛の痛みの原因は、生理中に分泌される「プロスタグランジン」というホルモンにあります。
プロスタグランジンは子宮を収縮させて経血の排出を促したり、血液を患部に集めて炎症を起こしたりする働きがあります。
これらの働きが、痛みを強く感じさせてしまうのです。

プロスタグランジンの分泌が増える理由は血行不良にあります。
血行が滞ると酸素や栄養が上手く行き届かず、子宮の機能が低下します。
子宮の機能が低下すると経血の排出も滞りますので、子宮を収縮させて経血を排出させるプロスタグランジンの分泌量を増やすのです。

高麗人参が生理痛を和らげる理由は、高麗人参に含まれるサポニンが血管を拡張したり、血行を促したりする働きを持っているからです。
血行が促進されると、酸素や栄養がしっかりと子宮に届きますので、子宮の働きは活発になります。
子宮の働きが活発になればプロスタグランジンの分泌を過剰に増やす必要はなくなりますので、痛みが軽減されます。
高麗人参が生理痛を和らげる理由は他にもあります!

高麗人参がホルモンバランスを整えて生理痛を緩和

高麗人参にはホルモンバランスを整えて生理痛を緩和する働きがあります。
では高麗人参が生理痛を和らげる理由を3つご紹介します。

・睡眠の質を高めて女性ホルモンの分泌を促す
生理痛がひどくなる原因は女性ホルモンのバランスが乱れることにもあります。
ホルモンバランスが乱れると子宮機能が低下し、痛みの原因であるプロスタグランジンの分泌量を増やしてしまいます。
女性ホルモンは自律神経と一緒に脳の視床下部で分泌量がコントロールされています。
これらの神経物質はどちらかがバランスを崩すと、もう片方もバランスを崩す性質がありますので、ストレスによって自律神経が乱れると女性ホルモンのバランスも乱れるリスクが高くなります。
睡眠不足や睡眠障害によって質の悪い睡眠が続くと自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると、脳の視床下部で一緒に分泌量がコントロールされている女性ホルモンのバランスも乱れます。
高麗人参には精神を安定させる作用がありますので、睡眠の質を高めて、自律神経を整えます。
自律神経が整うことで、女性ホルモンのバランスも整います。

・ビタミンB群が女性ホルモンを整える
高麗人参にはビタミンB群が含まれています。
ビタミンB群は女性ホルモンのエストロゲンの働きに関わる栄養素ですので、積極的に摂ることでホルモンバランスの調整に繋がります。
また、高麗人参に含まれるタンパク質やアミノ酸は女性ホルモンの元となる栄養素ですので、生理痛に悩まされている方は、タンパク質やアミノ酸を積極的に摂る必要があります。

・カルシウムがPMS(月経前症候群)を緩和する
PMSとは生理前のイライラや肌荒れなどの不快な症状のことです。
その症状は200種類以上存在するともいわれています。
中でも多い症状が、イライラ、情緒不安定、にきび、肌荒れ、体重増、腰の痛み、頭痛、乳房の痛みなどです。
PMSを緩和するためにはカルシウムを摂ることが大切です。
カルシウムを豊富に摂取している人としていない人では、PMSの症状に大きな差が出るともいわれていますので、PMSが酷い方はカルシウムが欠かせません。
高麗人参にはカルシウムを始めとしたミネラルが豊富に含まれていますので、PMSを緩和します。

このように、高麗人参には生理痛の痛みを和らげる働きをいくつも持っていますので、継続して摂ることで生理痛に負けない身体づくりに貢献します。
トップに戻る