高麗人参の栄養価を知ろう

古来から「漢方薬の王様」「不老不死の妙薬」とも言われ、 栄養価が極めて高く、健康や美容の保持改善に効能がある高麗人参の主な成分は、炭水化物、各種アミノ酸、核酸類、各種ビタミン、各種ミネラルなどで、これらをバランス良く含み、中でもサポニン・アルカロイド・アルギニン・マグネシウム・カリウム等々の成分が優れた薬効を発揮していることが分かっています。
これらの成分の中でも特に薬効が優れているのがサポニンです。
サポニンは他の植物にも含まれる成分ですが、高麗人参にはジンセノサイドとも呼ばれ特有のサポニン群を40種類以上も含んでおり、それぞれに血圧を安定させる働き、血行を良くして新陳代謝を活発にする働き、肌に潤いを与える働き、ストレス緩和、疲労回復、精力増強、冷え性や肩こりの改善、自律神経失調症解消等々の薬効があります。
アルカロイドには免疫力(自然治癒力)機能を高める働きがあるため、「ガンの予防と改善」に役立つし、肝臓障害、アトピー、糖尿病、後天性免疫不全症候群(エイズ)の改善にも効果が期待されています。
またアルカロイドは活性酸素による有害な作用(老化)を抑え体に若々しさを与える効果も期待できるとされています。

その他の栄養成分では、アミノ酸にはアルギニンを多く含み、アルギニンは肝臓の活動を助けるため、高麗人参には精力増強効果があります。
ビタミ・ミネラルンは日常生活で不足しがちになるのを補い、マグネシウムはミネラル成分として、筋肉の働きの調整、神経興奮の鎮静化、骨の形成を助ける等の働きをします。
カリウムは細胞の正常な活動に欠かせない成分ですし、心臓・腎臓・消化器官などの内臓の正常な活動を促進します。
また、ナトリウムを摂りすぎて血圧が上がり過ぎた場合には、血圧を下げて正常にする働きがあります。

このように高麗人参は栄養価が高くバランス的もほぼパーフェクトな食材であるし、漢方薬やいろいろなサプリメントの貴重な主原料として使われています。
中でも6年根、紅参の高麗人参は特に高い評価を受けています。


トップに戻る